普段何気なく使用している駐車場には種類があり、中には国土交通省によって許認可が与えられたものもあります。駐車場は大きく平面と立体の2つがあり、立体はさらに自走式、機械式に分けられます。2つはさらに分類され、自走式には一般認定品、個別認定品、在来工法、機械式には2段式・多段式立体、タワー式立体があります。認定駐車場には自走式における一般と個別の2つが該当し、まず、一般の場合は規格型の立体駐車場を指し、種類としては防火設備等の緩和を受け耐防火の許認可を受けた形と、防火設備等の緩和に加え構造計算適合判定の免除を受けた型式適合のタイプがあります。

個別に関しては特別な制約は無く、限定された敷地のその物件のみに適用されるタイプとなります。構造的には一般では1層2段から5層6段まで、個別においては6層7段までの計画が可能であり、特に個別の場合には一般に比べて設計自由度が高いというメリットがあります。また、取得費用においても規模・内容による変動が少ないために、規模が大きくなればなるほどコストダウンを図ることができます。一方、難点として取得期間がかかることがあり、概ね、約6ヵ月程度必要となります。

認定駐車場の中でも型式適合タイプは、国土交通省が指定をする機関によって構造関連の部材及び設置条件等の審査が行われます。合格することで構造計算適合性判定の審査が免除されることになり、ここでは建築確認申請期間の大幅な短縮を図ることが可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です