国土交通大臣認定駐車場とは、一定の要件を満たした場合に認定を受けた駐車場です。耐火構造になっている場合に、これが認められます。認められた場合、普通よりも簡易な構造で済むようになるというメリットがあります。また、建築確認が簡易になる点もメリットといえるでしょう。

例えば、一般の立体駐車場は、延焼防止のために、耐火被覆を主要構造部分に施す必要があります。これは、施すことで見た目が悪くなってしまいますし、時間的にも資金的にもコストがかかってしまいます。その点、認定を受けた場合は、これがいらなくなるため、時間も資金も抑えることが可能です。そして、防火区画も緩和されるほか、消火設備も簡易な物で良くなります。

これらも、コストをかける要因ですし、当然複雑になるほど工期が長くなってしまうので、簡易で良くなるということは、それによって短期間で完成させることができる事を意味するので、大きなメリットとなるでしょう。建物の配置についても恩恵を受けます。本来であれば、隣地の境界線や建物などからの距離は、一階部分は3m以上、二回以上は5m以上空ける必要があります。しかし、認定駐車場であれば、一律1m以上の感覚があればよいことになります。

スペースを空けなければならないとなると、土地を無駄にしてしまうことになりますが、ぎりぎりまで利用することができるようになるため、土地を効率的に活用することができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です