認定駐車場とは、国土交通大臣の認定を受けている駐車場です。主要な構造部の構造や、防火設備について指定性能調査機関の性能評価を受けて、これに基づいて国道交通大臣の認定をもらうことができます。高い安全性が保たれている駐車場であることから、建物について一定の条件が緩和されるのが特徴です。まず、主要構造部分に耐火被覆を必要としません。

耐火被覆を施すにはコストがかかりますし、施工に時間もかかりますが、それをしなくても良いのでこれらのデメリットをなくすことができます。耐火被覆は、見た目も悪くなりますから、美観にも優れてた駐車場にできるというのも利点でしょう。また、消火設備が簡易で良くなります。防火性能に優れているため、設備を簡易にしても問題がないからです。

防火区画についても、一定の緩和が施されて、スペースが確保されるようになります。その他、建築確認申請も簡略からされるなどの特徴があります。隣の建物からの距離も緩和されます。通常は、一階部分は3メートル以上で、二階以上については5メートル以上の距離を取らなくてはなりません。

しかし、それが1メートル以上で良くなります。つまり、隣地や建物などからの間隔を狭めても問題がないので、土地の有効利用をすることが可能となるわけです。このように、国土交通大臣の認定を受ける駐車場は、様々な点で普通よりも利点がありますので、導入をするならこのタイプがおすすめといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です