立体駐車場等安全性に十分な配慮が必要な駐車場においては、首の認定を受けることが義務付けられています。これを受けることで安全西に一定の評価があると、対外的に安全性をアピールすることで利用者を増やす効果があります。しかし新たに開業をした人などはどのように申請をすれば良いか分からないと言うケースも少なくありません。基本的に駐車場の認定は安全性において行われますが、その基本となるのは建物の構造上の問題です。

多くの自動車が駐車した場合にその重量に建物が耐えられるか、さらに万が一の事態が発生した場合に避難経路が確保されているかといった一般的な安全対策について評価されることになるため、このような件について十分に確認をしておくことが重要です。認定においては、建物の強度や安全性が確認できる図面のほか、避難経路についても示すことで認定が得られる確率が高くなります。また駐車場の規模によってはスプリンクラーの設置や消化器の設置が義務付けられている場合もあるため、これらの基準に沿って対策が行われていることを示す書類を提出することが重要です。駐車場の認定においては専門の機関に相談することで必要事項の指摘や提出書類の作成のサポートなどを行ってくれるようになっているので、まずはこのような機関に相談することが重要です。

安全対策をしっかりと行っておくことで利用する顧客に対して安心感を与えることにもなるので、しっかりと対応することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です