ショッピングセンターやホームセンター、スーパーマーケットなど商業施設を開業する場合、駐車場について検討する必要があります。特に、郊外に出店する場合は駐車場の有無が客入りに大きな影響を及ぼすことから重要です。いくつかのタイプがある中で立体駐車場を検討しているならメリットを理解すべきです。立体駐車場を設置する最大のメリットは限られた土地により多くの車を収納できるようになる点です。

たとえば、平面タイプになると使用できる面積は限られていますが、立体駐車場は2階建てや3階建てなど高さを利用することができます。そのため、限られた広さの土地に1台でも多くの車を収納したいのであれば魅力的な選択肢と言えます。また、自走式にするなら機械式に比べてコストを抑えることができます。機械式は装置を操作して車を駐車場所に置いたり、出したりする一方で自走式は出入りと駐車する場合のどちらも運転手自身が行います。

機械式に比べると手間はかかるものの、導入や運用のコストは大幅に抑えられるメリットがあるので、できるだけ初期費用を抑えたい時にピッタリです。さらに、自走式タイプの立体駐車場は機械式よりも多くの車が駐車できる収納力もメリットです。機械式は数台から数十台を駐車する規模で多く採用されているのに対し、自走式は数十台から数百台といった規模になっています。ですから、これから立体駐車場の導入を検討している場合はメリットを理解したうえで判断することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です