立体駐車場とは自動車をとめる空間を立体化した駐車場を言い、マンションや大型商業施設などにおいて多くみられています。立体駐車場には大きく分けて、自走式駐車場と機械式駐車場の2種類あります。前者は運転手自らが運転して駐車するタイプで、多くの立体駐車場はこのタイプです。自走式駐車場のメリットは運転手自らが駐車するので自動車の出し入れが簡単であること、日照や風雨から自動車を守ることができること、災害時の避難場所として活用できること、などが挙げられます。

一方、後者は専用装置に自動車を乗せて運搬、入出庫するタイプです。機械式駐車場のメリットは狭小地などの特殊な地形や敷地であっても建てることができること、他の駐車車両を気にせずに集中して駐車できること、セキュリティー性が高いことなどが挙げられます。収容台数という観点から言えば、自走式のタイプはそれなりの広い土地が無ければ収容力はアップしませんが、機械式のタイプであれば狭い土地であってもそれなりに収容力はあります。また、利便性という観点から言えば、自走式は自分で運転して駐車できますので便利ですが、機械式のタイプは専用装置を操作するなどしなければならないためやや不便です。

ランニングコストの面では両者のタイプでメンテナンスは必要ですが、機械式のタイプの場合は専用装置を設置しなければならない関係上、メンテナンスの頻度は自走式のタイプよりも機械式のタイプの方が多くなります。このため、機械式のタイプの場合にはランニングコストは高めとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です